家族から離れて、ひとり遠い海外に来たこと自体に自信がつきました。 私の短期留学に携わってくださった、すべての方に感謝しています!

ニュージーランド留学体験談
S.Sさん(15歳)(Waiuku College/現地校体験プログラム)

ニュージーランド 高校留学 体験談

  • 留学開始: 2018年8月 2週間

◇このプログラムを選んだ理由は?

日本の学校とは異なる、海外の授業を体験してみたかったから。
同年代の海外の子たちと、一緒に過ごしてみたかったから。
日本語をできるだけ使わない環境で過ごしたかったから。

◇心配だったことは?

数学はともかく、社会や国語の授業が理解できるか不安でした。
冬の時期(NZが)に行ったので、寒さ対策が万全か、心配でした。→ダウンを一枚持っていくべきです。
スーツケースの中の食べ物が空港で没収されないか、心配でした。

◇学校全体の雰囲気は?

日本のように紙とペンを使って授業をするのはめったになく、皆ラップトップで作業していて、板書も
パソコンで打って、手元に残していました。みんな、先生がいなくなったとたん、周囲の人としゃべりだして、
作業をやめていて、授業の雰囲気がゆるくて、楽しかったです。また、ベルが鳴ったとたん、何が何でもすぐに
教室から出て行ってしまい、1日目は置いて行かれてしまいました笑 おもしろかったです。

◇受講した教科は?日本との違いは?

(特に印象に残ったもののみ)
マオリ語:みんなペラペラというわけじゃないので、気軽に受けることができました。反復練習(単語や分をひたすら
発音します)をするので、授業を受けているうちにだんだん意味がわかってきて、嬉しかったです。

体育:毎時間毎時間、違うゲームをしたので、とても楽しかったです。海外の生徒は皆、ボールの扱いが日本人に
比べて上手いし、女子より男子が圧倒的に多かったので、とってもスピーディーなゲーム展開で、おもしろかったです。

理科:図画工作の時間のように、ロケットを工作して飛ばしました。とにかく楽しかったです。

美術:紙などではなく、段ボールに絵を描きました。マオリの柄を描いたのですが、色の塗り方がみんな個性的で、
本当におもしろかったです。


◇学校で楽しかったことやつらかったことは?

日本の名前は覚えにくいそうで、生徒の1人がイングリッシュネームを付けてくれました。
そのイングリッシュネームがとても覚えやすかったみたいで、みんなすぐに名前を憶えて仲良くしてくれて、
嬉しかったし、楽しかったです。あまり「辛い」と感じたことはなかったですが、5,6人で会話している中に
参加したりすることはできず、みんなの会話を近くで聞いて、理解するのがやっとでした。何もしゃべらないと、
思っているのか嬉しいのかわからないので、大切なのは笑顔とありがとうだと思いました。先生はすごく
優しいので、授業中困ったり、わからないことがあったりした時、甘えて相談してしまいました。

◇ホームステイについて教えてください。

ホストファミリーは、私が何か言おうとすると真剣に理解しようとしてくれたので、間違ってもいいから
しゃべってみようと思えて、話せるようになったし、安心して過ごすことができました。
最初の方は、ほとんど自分から話せなかったけど、ホストファミリーがニュージーランドの文化について
話したり、親戚について話したりしてくれたので、楽しかったし、日本のことも話しやすかったです。
夜は毎日、テレビを見るか、Wiiで遊ぶかで、とっても楽しい時間をすごせました。
いつも笑顔で話しかけてくれて、嬉しかったです。感謝の気持ちでいっぱいです。

◇これからやってくる人にアドバイスがあれば。

現地校の子に、日本のチューイングガムを配ったりすると、喜ばれるし、会話も弾むと思います!
現地の人の言ってることがわからなくても、落ちついて聞き返せば大丈夫だと思います。
英語がわからないのは恥ずかしいことではないので、しゃべれないことは気にせず、ポジティブに
生活すればきっと上手くいきます!1人で家族や友達から離れて、遠い海外に来たこと自体を
自信に頑張ってください!

◇この体験を振り返って

ホストファミリーも、学校の子達も、本当に親切で、優しくて、フレンドリーで、何度も助けられました。
感謝の気持ちでいっぱいです。たくさんの現地の人のサポートで、とっても素敵な2週間をすごせて、幸せです。
またワイウクに来て、学校の子や、ホストファミリーに会いたいです。次会った時は、もっとたくさん英語を話せるように、
これから英語の勉強頑張ります。
私のこの短期留学に携わってくださった、すべての方に感謝しています!
現地校の子とごはんを食べたり、話したり、ホストファミリーと遊びに行ったり、たくさん楽しい体験ができて
嬉しかったです!ありがとうございました!

ページの上部へ