「理想の家」 オークランドにまた来たいです。

ニュージーランド留学体験談
S・Wさん(13歳)(St Mary's College/現地校体験プログラム)

ニュージーランド 高校留学 体験談

  • 留学開始: 2015年8月 3週間

■S・Wさんからのフィードバック

わたしは、St Mary's Collegeという女子校に3週間体験留学をしました。3週間という期間は長いようで、あっという間でした。こちらに来てから毎日があっという間に過ぎ去っていき、自分でも驚きました。ニュージーランドは日本と違うなと思うことをたくさん経験しました。しかしニュージーランドの方が「良いな」と思うことの方が多かった気がします。

例えば、決まりが多くないこともそのうちの1つです。日本のように学校の決まりなどが特になく、生徒が自由に学んだり、遊んでいたのがとても印象的でした。先生から生徒への質問の数も、こちらの方が圧倒的に多く、その質問に対して答える生徒の数もとても多かったです。中には、先生が何も聞いてないのに手を挙げていた生徒もいて、初めはその積極性に驚きました。休み時間は、みんなでお菓子を食べたり、広い校庭で遊んだりしてとても楽しかったです。どの先生も優しく接してくださり、話す時もゆっくり話して下さいました。

“Drama”という教科があったのにも驚きました。演劇の授業なのですが、日本では聞いたことがなかったので、初めはどんなことをするのか不安でした。しかし、Dramaの授業はとても面白く好きな科目になりました。また日本との違いで一番驚いたのは、体育の授業で準備体操がなかったことです!先生のお話を聞いた後すぐにバドミントンをやったり、ボールで遊んだりしました。

これからニュージーランドに来られる方へのアドバイスとして、学校に馴染むためには、やはり積極性が大切だと思いました。初めの自己紹介の時に、1つでも多く自分の特徴を言うと良いかもしれません。そしてバディーの子とは、初日からたくさん話したり聞いたりするのが良いと思います。分からないことがあったら、誰でも良いので聞いてみることが大切だと感じました。また途中で具合が悪くなったり、不安なこともあったのですが、留学センターの方がサポートして下さるので、とても心強かったです。

このプログラムでは、日本語を話す機会はほとんどないため、頭の中でも英語が回っていた気がします(笑)英語力は、来る前と比べてだいぶついたと思います。きっと英語で話さないと伝わらないという意識によって、その力はついたのだと思います。辛かったことは特になかったです。強いて言えば、数日間だけホームステイでWi-Fiを使うことが出来なかったことです。しかしインターネットを使えなかったからこそ、楽しいひと 時を過ごせたとも思います。わたしがホームステイしていたところは、都会らしいところもありながら、自然がたくさんあって、とても暮らしやすい、まさに『理想の家』でした。またオークランドに是非来たいです。約3週間、どうもありがとうございました。

 

■お父様からのフィードバック

期間前そして期間中は本当にお世話になりました。この場を借りて改めて感謝いたします。

先ほど成田で娘をピックアップし、無事に笑顔で帰宅したところです。今はトランクを開けてお土産を整理しながら、間近に迫る新学期の準備に追われています。

海外ステイを決める時は、まだ少し年齢が早いかなと不安でしたが、留学中の感想文を読むと結構大人びいている本人がいて、感心させられました。滞在中もきっと不安や葛藤は少なからずあったのでしょうが、よくそれを乗り越え成長してくれたと思います。

私自身も英国へのステイを経験しましたが、感じた限りニュージーランドは、現地校へ参加できること、国民性、多様性、経済性、治安、気候の面でステイをするにとても魅力的な国だと感じました(懸念していた独特の発音も、米国とあまり変わりなかったそうです)。彼女の初めての長期間親なし生活に挑戦するには抜群の環境を与えて頂けたと思っています。

また、体調不良など不意なアクシデントに対しても親身に迅速に対応、連絡を頂けことも非常に感謝しており、現地エージェントならではの強みを強く感じました。エージェントを御社にお願いすることについて、初めはメールだけのやりとりに不安がありましたが、今は本当に良い選択をしたと思っております。スタッフの皆様に親切に接して頂けました。お会いできないもどかしさは依然残りますが、最大の感謝の意を表したい気持ちです。

ページの上部へ