ホームシックになるよりも、帰りたくない気持ちのほうが強かった。

ニュージーランド留学体験談
Naoさん(14歳)(RELA/ホリデープログラム)

ニュージーランド 高校留学 体験談

  • 留学開始: 2018年3月 3週間
◇このプログラムを選んだ理由は?
・小西さんがバンコクに来て説明してくれて信用できたから。
・英語の勉強にもなるし、アクティビティも楽しそうだと思ったから。
 
◇心配だったことは?
・ちゃんと英語が話せて、相手に伝わるかどうか。
・ホストファミリーと仲良くなれるか。
・学校で授業についていけるか。
・友だちができるかどうか。
 
 
◇学校全体の雰囲気は?
RELAは日本の学校のようにきっちりしているわけではないので、あまり緊張せずにすぐに馴染めました。
先生方も面白くやさしいので、なにかあったらいつでも相談に乗ってくれます。
 
◇受講した授業について
学んだ内容自体は難しくはなく、分かるのですが、授業が英語のため、時々とまどうこともありました。
だけど、先生も生徒もやさしく指摘してくれたため、英語は上達したかなと思います。
とくにスピーキングとリスニングの力を身につけられたかな、と思います。
 
 
◇学校で楽しかったことやつらかったことは?
・友だちと休み時間を過ごしたり、昼食を一緒に食べたりアクティビティをしたことなどが楽しかったです。
・辛かったことは特にありません。
・先生やスタッフの方々は本当にやさしくてあたたかくて最高でした。
 
◇ホームステイについて教えてください。
・家族は楽しくとても明るかったです。お姉さんも妹も気さくに話しかけてくれて、一緒に様々なことをしました。
・食事は朝はだいたいシリアルかトーストでした。ステイ先の料理はちゃんと私の口に合いました。時にはピザやカレーを作ったりして夕食を楽しみました。
・ナイトマーケットに行ったり、ミュージカルを見たり、公園に行ったり、湖の周りを歩いたりするなど、様々な思い出がたくさんあります。家では映画やテレビを見たり、パズルをしたりなど、楽しいことをたくさんしました。
 
 
◇これからやってくる人にアドバイスがあれば。
友だちができるかな?ホストファミリーの姉妹と仲良くできるかな?と、私も最初は緊張の塊でした。
ですが、学校には日本のお菓子を持って行ったりして交換したり、宿題を相談したりなど、話せる話題を見つけるだけで、友達は簡単にできます。
ホストファミリーの姉妹には日本からのお土産を持っていくだけで喜ばれます。
私はレトルトのカレーを持って行って作ってあげたらとても喜ばれました。
一緒に日本料理などを作ると文化交流もできるし、仲良くもなれるので一石二鳥です。
 
◇この体験を振り返って
とても楽しかったです。
この2週間、あっという間でした。
ホームシックになるよりも、帰りたくないという気持ちのほうが強くなりました。
学校の友達と離れること、ホストファミリーと離れることが少し辛かったですが、とても良い思い出になりました。
またニュージーランドには行きたいです。次は観光で楽しむのもありかなと思っています。
ニュージーランドは自然が多く、ゆったりできるので息抜きにまた来たいです。
 
DSCN3450.jpg
 
IMG_9618.JPG
 
~お母様から~
バンコク空港から自宅への車の中でも色々お土産話を聞きました、
本当にすべてが楽しかったようで、みんなにオススメしたいと言っておりました。
2週間があっという間だったようです。
今回は大変お世話になりました。ありがとうございました。
ページの上部へ