大きな成長の機会になりました。

ニュージーランド留学体験談
真田美桜さん、美夢さん(RELA/語学留学)

ニュージーランド 高校留学 体験談

  • 留学開始: 2017年7月 3週間

【真田美桜さん】

◇このプログラムを選んだ理由は?
前から留学してみたいと思っていて、アクティビティがある方が楽しいし、友達もたくさん作れるかな、と思ったからです。

◇心配だったことは?
新しい学校で友達を作れるか、ホームステイの人とちゃんと話せるか、土日に何をするか、など。

◇学校全体の雰囲気は?
インターナショナルスクールに通っているので、同じ感じかな、と思っていました。だけど、本当にすべてが英語で、授業もとても充実していました。ほかの先生もランチを食べている時に話しかけたりしてくれたので、不安な時でもとても安心できました。

◇受講した教科は?
英語はUpper Intermediateというクラスを受講しました。先生はいつでも質問を受け付けてくれて、質問したら、すぐにとても丁寧に答えてくれたのが良かったです。授業もすごく楽しくて、いろんな国から来た人が集まっていたので、いろんな人とペアやグループで話し合ったりして、とても楽しかったです。先生の説明がすごく分かりやすくて、ここで習った文法は、この後の学校でも役立つと思います。

◇学校で楽しかったことやつらかったことは?
最初の1週間は、ほとんどの人がフランス語を話していて、まったく分からないので不安だったし、怖かったけど、だんだん慣れてきて、少しずつみんなと話すようになってきたので、最後の2週間はあっという間でした。アクティビティが本当に楽しかったです。いろんな体験ができる所に行って、毎回楽しかったです。

◇ホームステイについて教えてください。
ホームステイ先には、お母さんと17歳のお姉ちゃんがいて、二人ともいつも私にやさしく声を掛けてくれたりしたので、とても安心しました。ご飯もとてもおいしかったです。土日も、ロトルアの観光地へ連れていってくれたり、お姉ちゃんと一緒にモールに行ったりして、とても楽しい思い出ができました。あと、部屋にいる時間が少し長かったので、もっとホームステイの人と話したり、一緒に何かすれば良かったかな、と思いました。でも、毎日、送り迎えしてくれたり、いつも「今日どうだった?」とか聞いてくれたりして、楽しかったし、とても安心できました。

◇これからやってくる人にアドバイスがあれば。
最初の1週間はホームシックになって、日本に帰りたいと思っていたけど、少しずつ慣れてきて、アクティビティも、もっと楽しいと思えてきました。自分から声を掛けたら、すぐに仲良くなれたので、自分から話しかけたらいいんだ、と思いました。家でもずっと部屋にいるのではなく、ホームステイの人に自分から話していくと、すぐに緊張せずに、自然と話せるようになりました。

◇この体験を振り返って
この体験は、私にとって本当に貴重な経験となりました。この体験から、私はすべてのことで積極的になった方がいいと思いました。積極的になれば、すぐに家の人とも話せるし、友達もできたので、本当に良かったです。やっぱり最初の1週間は、家族と会えなくてさみしかったり、本当に不安になったりしてけど、この最初の1週間をがんばれば、その後はすぐに楽しく感じるようになってきました。

IMG_4267s.jpg

 

【真田美夢さん】

◇このプログラムを選んだ理由は?
家族に勧められて、午後にはアクティビティがあると聞いたので、楽しそうだったからです。いろいろな国から留学生として生徒が集まるので、友達もたくさんできると思いました。

◇心配だったことは?
忘れ物はないかとか、空港で手続きをきちんとできるかだったけど、実際に行ってみると、スムーズに行けたので、自分たちで行けたことはとても良い経験になったと思います。

◇学校全体の雰囲気は?
RELAにはいろいろな国から生徒が来ていたので、様々な言語や文化を知ることができました。英語を勉強するだけでなく、日本とは違う考え方や習慣なども学ぶことができる学校だと思いました。また、先生たちがやさしく声を掛けてくれるし、生徒もとてもフレンドリーでした。午前中の授業にモーニングティータイムという時間があることも、日本の学校との違いだと分かりました。

◇受講した教科は?
午前中の英語のクラスはUpper Intermediateでした。年齢に関係なく、自分と同じぐらいのレベルの英語を話す人が集まり、やりやすかったです。また、文法を中心に英語を学び、ほかにも読んだり、話したり、書いたり、様々なことをしました。ただ、英語の内容は、文法だけでなく、もう少しレベルの高いことをしたかったです。でも、今回学んだことが自分のこれからにもためになると思いました。

◇学校で楽しかったことやつらかったことは?
一番楽しかったことは、午後に様々な所に行くアクティビティです。初めて体験したことがたくさんあり、忘れられない思い出になりました。印象に残っているのは、アグロベンチャーズに行った時に、スゥープというのに挑戦して、とても高い所から袋みたいなものに入って落とされるので、とても怖かったことです。でも、怖かったからこそ、一番の思い出として印象に残っています。

◇ホームステイについて教えてください。
ホームステイ先には、おばあちゃんとRELAに通うタヒチからの13歳の女の子がいました。毎日、ご飯がとてもおいしく、日本では食べられないたくさんの料理を出してくれて、とてもうれしく、思い出の一つとなりました。夜がとても寒くて、ベッドを温かくしてくれたり、ココアを毎日出してくれたり、とても優しくて、ホームステイ先に帰ると、自分の家にいるように感じて安心しました。このお家にはネコが2匹いて、私は動物が苦手なので、ホームステイ先が変わったと聞いた当初はびっくりしたけど、毎日、家で過ごしやすい環境にしてくれました。
ただ、一つだけ言えば、もう1人のタヒチからの女の子は、英語を勉強し始めたばっかりだったので、うまくコミュニケーションを取れていなかったのか、ホームステイの人が私にその子のことを毎日のように言ってきたので、それを聞いていてつらかったです。でも、このようなことは文化の違いからなのか、と思いました。

◇これからやってくる人にアドバイスがあれば。
行く前は、本当に大丈夫かと不安でした。特に、慣れない最初の1週間はとても長く感じました。まず、飛行機に乗る時に家族と離れるのがつらかったし、両親がいなくて、妹と二人だけで外国に行くのは本当に怖かったです。最初はホームシックになるかもしれないけれど、最初の1週間を乗り越えれば、この生活に慣れるし、早く感じます。だから、友達を作りたければ、自分から話しかけることが一番大事だし、笑顔で話しかけると、その後からも、あっちから話してくれたりするので、最初にがんばって、不安かもしれないけど、勇気を出して話しかけると、友達は必ずできてきます。そして2週間目を迎えるころには、毎日がとても早く、楽しく感じるようになると思います。あとは、日本食と全然違うので、早く白ご飯が食べたくなりました。でも、日本から離れ、家族からも離れることで、家族のありがたさをより感じたし、日本食の良さも本当に強く感じました。

◇この体験を振り返って
この3週間は私にとって、本当に貴重な体験でした。つらかったこともあれば、思い出に残ることもありました。でも、これらはすべて、自分にとって良い経験になりました。

一番つらかったことは、まず家族と離れること、日本食が食べられなくなったことです。文化の違いを感じることもたくさんありました。でも自分たちと違う考え方を持つ人たちもたくさんいて、違いを受け入れるのも大切だと分かりました。この3週間で、自分はとても成長できたな、と思います。英語を勉強し、ホームステイの人と毎日英語を話すことが、本当に自分の英語力を上達させてくれました。また、アクティビティも、初めてできたことがたくさんありました。すべて忘れられない思い出です。なので、行かせてくれた家族に感謝したいです。つらかったことや、日本に帰りたいって思ったことは、何回もありました。でもこれを我慢したり、違いを受け入れられたことも、私の大きな成長だと思っています。本当に最後は、帰りたいけど、帰りたくないような複雑な気持ちになりました。ホームステイの人と離れる時はさみしかったです。この3週間は私を成長させてくれた3週間であり、良い経験をさせてくれた3週間でもあります。なので、本当に、小西さんにも、私の家族にも、感謝の気持ちでいっぱいです。

IMG_4269s.jpg

ページの上部へ