Q&A

卒業後の進路は?

卒業後の進路は、帰国子女枠を利用した日本の大学への進学はもちろん、ニュージーランドや外国大学への進学も視野に入れることができます。一般的には2年以上の滞在実績を活かして、帰国子女枠入試で大学進学を目指す方が9割です。頑張り次第では、一般入試では届かないようなレベルの大学に行くことも可能です。

2014年進学実績: 上智大学文学部英文学科(女子)、早稲田大学文化構想学部(男子)、駒澤大学文学部(男子)、関西学院大学総合政策学部(男子) 

2015年進学実績: オークランド大学理学部、上智大学・外国語学部英語学科(男子)、青山学院大学・法学部(男子)、関西学院大学・総合政策学部(男子)、専修大学・文学部英語英米文学科(女子)、中京大学(男子)、近畿大学・経営学部(男子)

2016年進学実績: 上智大学文学部ポルトガル語学科(男子)、中央大学法学部(女子)、青山学院大学文学部(男子)、Blue Mountains International Hotel Management School(男子)、京都外大(男子)

高校留学費用の目安はこちらのページをご参照ください。

決定へのプロセスまでに、「下見」のアレンジもお手伝いいたします。

お子様の留学先を直接ご覧いただくことで、ニュージーランドでの生活をイメージしやすくなり、その先の渡航計画が立てやすくなります。

問い合わせのタイミングについて教えてください。

ニュージーランドの高校は4学期制になっていますが、基本的にどのタームからでも入学が可能です。入学希望のタイミングに合わせて高校留学の手続きを進める必要がありますが、学生ビザ申請などの諸手続きを考慮すると、渡航の半年前にはお問合せを始めていただくのが望ましいです。 

入学手続きに必要な書類は?

直近の学校の成績表(英訳)、学校関係者(担任や校長)からの推薦状に加えて、本人の留学志望動機(英語)や、英語スコアの証明などがあるのが望ましいです。これらを学校に提出して審査をしてもらいます。基本的に入学試験はありません。 

子供を一人で飛行機に乗せるのが心配です。

航空会社は、unaccompanied minorsという、日本語で言うところの「お子様一人旅サポート」を提供しています。
出発空港のチェックインカウンターから搭乗口まで、オークランド空港の飛行機を降りたところから、私どもオークランド留学センタースタッフに会うまでを空港係員が同行してくれるサービスです。帰路も同じサービスが受けられます。航空会社によって料金、対象年齢が異なりますので、詳しくはご利用予定の航空会社にお問合せ下さい。
ニュージーランド航空の場合
タイ航空の場合 
シンガポール航空の場合
キャセイ航空の場合 
マレーシア航空の場合

ホームステイについて教えてください。

ホームステイは、留学先の学校が紹介して下さいます。
日本では、ホームステイはボランティアで外国留学生を受け入れるというイメージが主流ですが、ニュージーランドでは、お金を受け取って行う「ビジネス」です。お金を払った分のサービスを受ける権利が学生にありますが、生活を共にしていく上で大事なことは、お互いを尊重し、文化を学ぶ姿勢です。家族の一員として生活するために、積極的に行動し、コミュニケーションをしっかり取ることが大切です。

ニュージーランド 高校留学 ホームステイ ニュージーランド 高校留学 ホームステイ

ホームステイで気をつけたい日本との違いは何でしょう?

外出

日本と異なり、ニュージーランドでは10代の子供だけで夜遅くまで出歩くことはほとんどありません(学校の行事や特別なイベントを除く)。日本ほど公共交通機関が発達しておらず、車での送迎が主流であり、夜に未成年の子供だけで出歩くことは非常に心配されます。このため、門限を守り、万が一、遅くなることがあれば必ずホストに連絡をする必要があります。

食事

朝はトーストやシリアルが中心です。昼食に用意してもらうランチボックスの中身はサンドイッチ類、果物、お菓子というシンプルなものです。ホームステイ先によっては朝食や昼食の準備を学生自身で行うこともあります。夕食は肉食が中心で、お米の代わりにジャガイモをよく食べます。日本のように品数は多くなく、単品が多く、また生野菜が出ることが少ないです。

ニュージーランド 高校留学 食事  IMG_2720.JPG

ニュージーランド 高校留学 食事 ニュージーランド 高校留学 食事

 入浴

ガスの普及率が日本より低いため、多くの家庭が電熱湯沸し器を利用しています。1度に利用できる量に限りがあるため、シャワーの利用時間は5分~10分以内に制限される場合があります(温水タンクが空っぽになると、次の人が入る時に冷水になってしまいます)。

ホームステイに際して、日本でしておくことは?

ほとんどの留学生は、初めて独り立ちして生活することになるでしょう。朝、きちんと起床する。食事を欠かさない。宿題をする。家族と会話する。夜更かしをしない。部屋の整理整頓を心掛ける。こういった規則正しいリズムが、健康な体と健全な心を養います。日本で出来ないことは、海外でも出来ません。留学までに身の回りのことが自分で出来るようになる必要があります。

ニュージーランド 高校留学 生徒たち

ホームステイ先でトラブルがあったときは?

トラブルの多くが「コミュニケーション不足」から起こっています。つたない言葉でも、一生懸命伝えようとすれば、相手も理解しようと努力をしてくれます。しかし、英語が出来ないからと言って、ホストと話すことをやめてしまうと、お互いが何を考えているか分からなくなり、ちょっとした出来事がトラブルに発展してしまいます。ホストの話をきちんと理解し、自分の意見を述べるよう心掛ける必要があります。 

よくあるホストからの苦情
・部屋が散らかっている。
・ありがとう、おはようなど、基本的な御礼やあいさつが出来ない。
・門限や家庭のルールを守らない。
・分かったふりだけして、その場をごまかす。 

 

ユニフォーム(制服)はどうすればいいですか?

留学費用に制服代は含まれず、購入は自己負担となります。新品を1セット(夏物、冬物、学校によっては体操服など)揃えると数百ドルに上りますが、学校によっては、中古品を販売するコーナーもあります。制服の購入は、各学校の留学生担当の先生が案内します。

ニュージーランド 高校留学 ユニフォーム(制服)

 

カバン・靴は?

公立高校では、カバンの指定はありません。留学生も含め、一般的にはリュックサックを利用している学生がほとんどです。地元の量販店で購入が可能です。
靴は、黒色の革靴が主流です。夏はローマンサンダルになる学校もあります。地元の量販店で購入が可能ですが、ソックスと合わせて、学校によっては細かい指定があるので、制服の購入時にご確認ください。 

スマートフォン、パソコンについて教えてください。

日本で使用されているスマートフォンの多くがSIM Lockされていて、海外ではWifiのあるところでしか使えなくなっています。ニュージーランド留学中は、現地での購入をお勧めします。日本よりもずっと安価で、$50くらいから品揃えがあります。通話料は、プリペイド式で殆どの学生が1ヶ月に20ドル程度のプランを選択しています。これで国内通話や友達とのテキストメッセージ交換が可能になります。

パソコンは宿題や提出物の作成で使うこともありますので、必須アイテムにひとつです。日本で購入したものを持参していただくことをお勧めします。海外で購入すると日本語の設定がされていないものもあり、セッティングだけでもかなりの手間がかかるうえ、日本よりも割高です。日本から郵送すると、税関でひっかかり余計な税金が取られることもありますので必ずご持参ください。
 

授業についていけないときは?

ほとんどの学生が最初のうちは英語の壁に苦労します。聞き取れない、知らない単語ばかり、文章も書けない、、、とないない尽くし。学校にはESOLという留学生向けの英語補習授業があるので、その授業を履修することで英語を克服していきます。しかし、それでもまだ厳しい状況を打破できない学生さんには、日本人家庭教師や塾を紹介して英語の上達をサポートします。
また、オークランドであれば、TOEIC試験対策や、帰国子女入試対策のための塾をご紹介いたします。 
 

不登校生の受入体制。

オークランド留学センターでは、お子様の背景さえお知らせいただいていれば、不登校学生もお受けしています。それぞれの個性、背景を知っておくことで、適切なサポートを提供させていただけます。ストレスの少ないニュージーランドの学校で学ぶことで本来の自分を取り戻し、規則正しい生活を送り、最終学年になる頃には目標を見つけて勉強に力を入れる学生が殆どです。

ページの上部へ